いらなくなったiPhoneを売れるおすすめ6ショップ

TOP > iphone買取の情報 > なぜオークションや下取りよりもiphoneの買取店がおすすめか

なぜオークションや下取りよりもiphoneの買取店がおすすめか

 新しいiphoneを購入しますと、今まで保有していた機器は不要になります。
 そのまま持っていても仕方が無いので、どこかでの売却が検討される事も多いです。
 その機器を売却する手段は、複数あります。
 買取などもその1つですが、人によってはキャリアで下取りを行っている事もあります。
 下取りは、確かに手続きは非常に簡単です。
 あまり手間をかけたくない方々は、キャリアに売却している事も多いですが、残念ながら数字が低めになってしまうデメリットがあります。
 売却額は、総じて低めになってしまう事が多いです。
 しかも現金で払われるのではなく、たいていはキャリア独特のポイントで還元される傾向があります。
 その点買い取りという手段でしたら、比較的高い金額で売却できる事も多いです。
 ですからキャリアよりは、買い取りがおすすめと言えます。
 

 売却する手段は他にもあります。
 例えば、オークションで売却するやり方も一応あります。
 現にオークションは、確かに高く売れる事も多いです。
 買い取りのお店よりも高く売れる事例も、少なくありません。
 しかし、それは落札が成立した時の話です。
 オークションで出品したからと言って、必ずしも誰かが落札してくれるとは限りません。
 誰も入札してくれなければ、それこそ流れてしまう事もあります。
 その場合はもう一度出品しなければならず、オークションの手数料だけが徴収されてしまう訳です。
 それに対してiphoneの買い取りでしたら、ほぼ確実に売却できます。
 iPhoneの状態にも左右されますが、基本的にはお店で査定を受ければ、たいていは売却可能です。
 少なくともオークションと比べれば、高確率で売却できます。
 

 またオークションは、手間に関わるデメリットがあります。
 残念ながらその手段は、かなりの労力があります。
 ネットオークションなどで出品するためには、まずiPhoneの画像データを作る必要があります。
 デジカメなどでその機器を撮影した上で、電子データの形式でオークションにアップロードする必要はあります。
 そして問題は、その画像が問題無いか否かです。
 画像があまり鮮明でなければ、オークションで落札されない可能性もあります。
 また画像を作成するのは、かなりの手間を要します。
 それに対してiPhoneの買い取り店でしたら、そこまで多くの手間を要する訳ではありません。
 お店の担当者が状態を目視確認してくれますから、わざわざ苦労して画像データを作成する必要もありません。
 あまり手間をかけずに売却したい方々にとっても、買取という手段はおすすめです。
 

次の記事へ

TOPへ