いらなくなったiPhoneを売れるおすすめ6ショップ

TOP > iphone買取の情報 > iphoneの買取は郵送と店頭のどちらが良いか

iphoneの買取は郵送と店頭のどちらが良いか

 iphoneの買取には、複数の手段があります。
 その中のどれにすれば良いか、迷っている方々も多いです。
 例えば実店舗にて、iphoneの買取りを行ってもらう事は可能です。
 お店にそのモバイルツールを持参した上で、まずは状態を確認してもらう事になります。
 それでお店から金額が提示されるので、お互いに問題がなければ、買い取りは成立になる訳です。
 その他にも、郵送という手段もあります。
 買い取りを行ってくれる業者に、iphoneを郵送する訳です。
 業者の手元にそのモバイルツールが到着したら、同じく状態確認を行う訳です。
 その他にも出張で手続きを行ってくれる買い取り店もあります。
 そのモバイルツールを売却する手段にも、複数種類がある訳です。
 人によっては、どの手段が一番良いか迷っている事もあります。
 

 どれが一番良いかは、ニーズ次第です。
 早さを求めているなら、基本的には実店舗への持ち込みが推奨されます。
 郵送よりは、速やかに手続きが完了するからです。
 郵送査定という手段ですと、どうしても郵便事情に左右される一面があります。
 宅配業者に届けてもらう訳ですが、即日で配達が完了する訳ではありません。
 地域によっては、どうしても時間がかかってしまう事もあります。
 それよりも近所の実店舗に持参する方が、かえって手続きがスムーズな事も多いです。
 実店舗でしたら、当日中にお金が支払われるメリットがあります。
 いわゆる現金手渡しになるからです。
 しかし郵送査定ですと、配達に時間がかかりますし、当日に支払うのは難しい傾向があります。
 ですからスピードを求めているなら、郵送による買い取り手続きがおすすめです。
 

 しかし人によっては、早さ以外のニーズもあります。
 あまり急がないので、できるだけ高く売りたいと考えている方々も多いです。
 その場合は、郵送による査定が推奨されます。
 なぜなら郵送でしたら、傷が付着してしまう確率が極めて低いからです。
 実店舗にiphoneを持ち込むのは、若干のリスクはあります。
 お店に持ち込む道中にて、うっかりそのモバイルツールが何かに衝突してしまう事もあるからです。
 それでiphoneに傷が付いてしまえば、査定額が低くなってしまう事はあります。
 しかし郵送という手段でしたら、傷が付いてしまう確率も低いです。
 たいていは運送業者が自宅に取りに来てくれますから、それまではiPhoneを安全な場所に保管しておけば、傷が付く確率も極めて低くなります。
 傷が付かなければ、買い取り額も下がりづらくなる訳です。
 ですから買取額に関するニーズがあるなら、店頭持ち込みよりも郵送がおすすめです。
 

次の記事へ

TOPへ